唇ヘルペス

唇ヘルペスにようこそ!

唇ヘルペス、これは主に単純ヘルペスウイルスによる水ぶくれが、唇やお尻、またその周辺にできる病気です。他のヘルペス同様ウィルスが体内に侵入すると、一定期間の潜伏期間があり、その後、唇の感染箇所に水疱もしくはただれが生じ、痛みが起こります。

ヘルペスは体の抵抗力が落ちると症状が現れます。ウイルスが原因で起こり疱疹とも呼ばれます、唇ヘルペス画像などを交えヘルペスに付いて解説します。

当サイトのカテゴリ

ヘルペス

ヘルペス、このヘルペスウイルスは誰もがみんながもっているものなのです。ヘルペスウイルスは人間の体の中の『神経節』というところを好み、一旦罹るとそこにたえず潜伏します。

ヘルペスは、日本人では10人に1人がかかったことがあるとされています。また症状は出ていなくても原因である単純ヘルペスウイルスに感染しているという人はもっと多くいると言われています。

ヘルペス(ヘルペス)は普段は顔を出さないのですが、風邪を引いたりお年を召したりして抵抗力が落ちると、でてきて暴れだしてしまいます。唇の周りによく『風邪を引くと口のまわりにボツボツができる熱の花などと呼ばれる、チクチク・ヒリヒリ』するのが唇ヘルペスなのです。

へルペス(帯状疱疹)はつまり、小さい頃かかった、みずぼうそうのウイルスが長い間体に潜んでいて、免疫力が落ちたところで症状がでてしまう病気がヘルペスなのです、何かいやらしい病気だと思っている方もいますがそうではありません。

唇ヘルペス画像

唇ヘルペスとはヘルペスウイルスが皮膚や粘膜に感染して水ぶくれなどをこす病気のことです。唇ヘルペスの場合、ウイルスに感染している日本人は20〜30代で約半数、60代以上では、殆どの人が感染しているというデータもあるほどです。感染すると症状が治った後も人の細胞の中にじっと隠れていて、普段は症状が出てこないのが特徴です。

唇ヘルペス、これなどは、風邪や疲れなどで抵抗力が落ちると、出てきて暴れ出してしまうことがあります。たんに、ヘルペスと言ってもヘルペスウイルスはいくつかの種類があり、それによって引き起こされる病気も違ってきます。

唇ヘルペスの画像を下記に載せましたのでご覧ください。
口唇ヘルペス画像.jpg
画像を見れば分かるように、唇にウイルスによる症状が表れています。

唇ヘルペスの症状

唇ヘルペスは初め唇や口のまわりにピリピリ、チクチクしたり違和感や、かゆみを感じたらそれが、唇ヘルペスの始まりです。痛みとともに数時間後にはヘルペスウイルスが繁殖して赤くはれ上がり、水ぶくれができます。

その後、唇ヘルペスは水疱ができる赤く腫れた上に水疱ができます。この中にはヘルペスウイルスがたくさん存在し、水疱は初感染では大きく、再発を繰り返すと小さくなっていきます。

唇ヘルペスは、その後だいたい1週間〜2週間くらいの、あいだにかさぶたになりかさぶたが取れて治ります。ほとんどの人は子供の頃、気づかないうちにヘルペスに感染してしいて、体の中の神経の一部に潜んでいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。